フィットネスクラブの新規事業参入・新規店舗開発・店舗リニューアル・
マーケティング・集客改善・社員教育

お問い合わせ・ご相談
お電話でのお問い合わせはこちら 03-5443-6700

コラム COLUMN 3ページ目

スポーツジム、フィットネスクラブの会員を増やす宣伝方法はGoogleマイビジネス(MEO) が効果的!

2020年07月22日

投稿者 : フィットネスコンサルティングネットワーク編集部

MEOとは…Googleで「エリア名+業種」検索した時に出てくるGoogleマップ及びGoogleマイビジネスの表示のことを言います。地域名+ジムなどで検索をした際、今は必ずと言っていいほど、検索結果の1ページ目にGoogleMapが表示されるようになりました。その際皆さんのジムは何番目に表示がされていますでしょうか。スマホでの表示は3店舗まで、その3店舗に入ればお客様に興味を持っていただく機会は当然増えます。その上位、3店舗までを目指すのがMEOとなります。Googleマイビジネスの設定がまだなのであれば、急いで設定をしましょう。設定の完了はGoogleからの確認用の郵送物が届いてからとなり

コロナ禍でも有利なジムは・・

2020年07月20日

投稿者 : フィットネスコンサルティングネットワーク編集部

新型コロナウイルス禍でも有利なジムは大型のマシンジムとなります。■若年層~中年層がターゲット高齢層はジムの退会が多い(総合クラブ)、今後も入会は鈍る運動需要は若年層を中心に伸びている■コロナ禍でも管理が容易業界団体のガイドライン → スタジオ・サウナ利用停止マシンジムであれば、管理は難しくない!■コロナ禍でパーソナルトレーニングの需要増コロナ太り、不特定多数と接触しない■ソーシャルディスタンスが確保しやすいマシンとの間隔が取りやすい・パーテーション追加が可能2020年7月1日のプレオープン前にWEB集客だけで400名達成!フィットネスコンサルティングネットワークでは、コロナ禍でも勝てるジムをプ

「ホットヨガ」の次は・・

2020年07月13日

投稿者 : フィットネスコンサルティングネットワーク編集部

先日、「ホットヨガ」について国民生活センターの調査結果が大きく報道されました。>高温多湿の中で行う「ホットヨガ」を経験した人のうち、およそ2割(18.2%)が体調を崩していることが、国民生活センターの調査でわかった。2割が体調不良に? ホットヨガに注意喚起新型コロナウイルス禍でスタジオ運営がただでさえ厳しい状況下でさらに追い打ちののように・・我々はコロナ以前から、ジム+スタジオ型のフィットネスクラブのホットスタジオをフリーウエイトにリニューアルする提案をしておりました。昨今の若年層を中心としたフリーウエイトへの需要増加により、会員数はリニューアル前よりも伸びております。また、我々はホットヨガの

販促について 高齢層の反応はまだ鈍い?/スポーツジム、フィットネスクラブ

2020年06月29日

投稿者 : フィットネスコンサルティングネットワーク編集部

緊急事態宣言が解除され、6月に販促を打たれるお客さまも何社かありました。結果としては若年層~中年層の反応は上々、ただ今まで反応があった高齢層の反応は薄い・・。まだリスクを警戒されて反応が鈍いのであろうと思われます。販促を打つ際でもまずは、若年層~中年層ターゲットの媒体・内容からスタートするのが吉です!#フィットネス#ジム#集客#新型コロナウイルス

FIA(日本フィットネス産業協会)の新型コロナウイルスガイドライン補足

2020年06月22日

投稿者 : フィットネスコンサルティングネットワーク編集部

先日、FIAのオンラインも利用した会合があり、ガイドラインに関する説明・質疑応答がありました。我々も賛助会員として、オンラインで参加しました。いくかの補足内容をあげさせていただきます。※FIAのガイドラインについては下記をご参照ください。新型コロナウイルス対策に関する重要なお知らせ・業界ごとに休業要請が定められている中で、クラスターが発生例があるフィットネスジム・スポーツクラブは厳しい状況の中、FIAと国とで話し合われたガイドラインも厳しいものにせざるを得なかった。6月1日になんとか間に合わすことができたがギリギリの調整だった。・ガイドラインは内容を定期的に変えていく予定である(1ヶ月単位など…

総合フィットネスクラブ×学童保育

2020年06月17日

投稿者 : フィットネスコンサルティングネットワーク編集部

社会的ニーズ×空きスペースの有効活用地域密着でスイミング・体操などを子供に教えてきた総合クラブだから参入しやすい空きスペースを利用した学童保育で収益を上げていらっしゃる総合フィットネスクラブがあります。1.社会的なニーズ学童保育とは、保護者が働いているなどで日中不在になっている小学生児童(学童)を預かる施設。学童は授業の終了後から、保護者が迎えに来るまでの時間を学童保育施設で過ごします。学童保育の利用者数は、ここ数年間でおよそ20万人。しかし、受け入れ可能な施設の整備が間に合っておらず、いわゆる待機児童が全国でおよそ7,000人近くいると言われています。2.学童保育を始めるには学童保育施設の経

お客様の結果をSNSで投稿/スポーツジム、フィットネスクラブ

2020年06月08日

投稿者 : フィットネスコンサルティングネットワーク編集部

フィットネスジムがひとつの町に複数あるようになり、お客さまが選べる時代となりました。他社との差別化を考えるうえで、パーソナルトレーニングを導入しているジムも増えてきましたが、ただ実施しているだけでは差別化とはなりません。お客さまの結果を、SNSを利用して上手く伝えていくことが重要です。アメリカのエニタイムフィットネスでは、YoutubeチャンネルにSuccessStoryを複数上げています。それはこのジムで、このトレーナーに教わり、私の人生がハッピーになったことを伝えています。動画にせずとも、結果の書いたホワイトボードをお客様にもって頂き、トレーナーと一緒に笑顔で撮った写真をアップする、これを

「シニア」層をターゲットとする際に考えなければならないこと

2020年06月05日

投稿者 : フィットネスコンサルティングネットワーク編集部

シニア層がメインターゲットのフィットネスジムもかなり増えてきておりますが、ブランディング、打ち出し方を安易に考えては、今後集客は上手くいかなる、と考えております。特にフィットネスジムに通うようなアクティブシニアは、感度が高く、わがままで、プライドがあり、責任感もある、という印象。今までのシニア観は捨てる必要があります。■シニア向けビジネスのキーワードまとめ・シニアと呼ばれたくない、10年若く見ている・多様化している・新しい大人・モノよりコト・健康に関する不安・友達・他者(店頭での人と人)との繋がり・会話が欲しい・子どもに迷惑を掛けたくない■参考サイト昔の「シニア」観を捨て コミュニケーションを

SNSの活用!お客様の投稿も応援!/スポーツジム、フィットネスクラブ

2020年06月03日

投稿者 : フィットネスコンサルティングネットワーク編集部

WEBサイトやチラシではどうしても、宣材写真が多く、人が映っていないものが多いため、普段のお店の雰囲気までは伝えきれません。そこで有効なのがSNS!スタッフさんの顔や、店舗の雰囲気をSNSで写真や動画で伝えることで、WEBやチラシでは伝わらないクラブの持つ良い雰囲気を伝えることができます。お客様の投稿も応援!今は、SNSのハッシュタグ検索で、行くお店を決めたりする時代、お客様の投稿を応援することで、クラブの宣伝をしてもらいましょう!店舗内にポスターを貼る、WEBサイト上にバナー設置するなどで投稿を促していきましょう。#フィットネス#スポーツクラブ#ジム#SNS活用

安全対策についてWEBやSNSでアップを/スポーツジム、フィットネスクラブ(新型コロナウイルス)

2020年06月01日

投稿者 : フィットネスコンサルティングネットワーク編集部

今日から殆どの地域で営業が再開され始めております。各店舗様々な対策を講じていいるはずです。営業再開時にあたり、お客様が知りたいことは「安全対策が何であるか」です。WEBサイト上に1ページをさいて、安全対策を公開しているクラブも日本でも増えてきました。最低限WEBサイトのNEWSには、安全対策についての情報を投稿しましょう。SNSでは除菌の様子や、トレッドミルの仕切などのリアルな写真をアップして、実際に対策が実行されていることをアピールしていくのが良いでしょう。海外の告知事例planetfitnesshttps://www.planetfitness.com/club-cleanlinessOn